「バイアグラ」で急騰したファイザーオフィスの株価

男性は勃起不能に陥ると、わたしを「ターボエンジンを失ったスポーツカー」「吠えることを忘れた百獣の王族」などのイメージで表現することがありますが、こういう申し立てを見ると、勃起無茶がどんなに身体的役割を悪化させ、父親としてのプライドを遺失させるもですかがとことんわかります。

 

ならば、インポテンス(性交無茶症)の新手当「バイアグラ」が1998時4月に発売されるや、大反響が巻き起こったのも当然の事になります。

 

父親たちは闘牛士以来の男らしさを進化できるハイレベル薬を求めて、かかりつけの医者や薬局に駆け付けたが、その風景は言わば、スペインの大都市「パンプロナ」を疾走する雄牛の集団を思わせます。

 

奴らが追い求めたのは、父親としての仕様というエネルギーの復調でした。もう若さって性的役割を実感して、以前とおんなじ感性を味わいたい。そうしてそのためには、「バイアグラ」が即時必要でした。

 

これらの現代の闘牛士たちは、宿命(厳密にはセックス暮らし)において楽観的だが、それは会心裏付けがあってのことです。臨床実験で「バイアグラ」は、被験者の約80百分率において、インポテンスの効果的手当となりました。

 

そうして、おそらく宿命を最も楽観視やるのは「バイアグラ」のメーカーですファイザー会社でしょう。バイアグラがあれば、これまで勃起無茶・勃起不全の治療戦術となっていた注射が必要ではなくなります。

 

 

画期的な経口薬だと当てはまる

それは男性が性的挑発を受けるといった効果を発揮し、性的フィーバーの状況を増幅されます。他の薬剤と異なるのは、挑発がなければ効果が表れないと言う点だ。

 

そのため、男性は「バイアグラ」を服用したとしても、相手にセックスを拒絶されれば、勃起打ち切るに関してになります。バイアグラの副作用はごくわずかで、最も顕著な状態は、頭痛、のぼせ、腹痛、及び青緑の色覚の向上だ。

 

バイアグラの売り込みを予測して、ファイザー会社の株価は史上最高値を記録し、FDA(USA料理医薬品テレビ局)に認可される去年には100百分率のアップを達しました。ただし、バイアグラの売り込みというおよそ一気に、ダウンジョーンズアベレージ株価が9000を割ったのは、ほぼ運ではありません。

 

バイアグラを快調テーマとして、上げ相場が続いたが、バイアグラがFDAライセンスのエンディング状態に入るって、市場に悲観的なイメージが過ぎ行き始めました。たぶん、バイアグラのネームバリューが高く評価されすぎていて、本当に実機がマーケットに出回ると、期待といった熱情が冷めてしまったのです。

 

ただし、バイアグラが発売された途端、弱気筋はあっというまにはじき飛ばされました。1998時4毎月毎日から15日までの、売り込み下最初の2週で、バイアグラは79百分率のマーケット専売率を達成しました。

 

それは薬学史上最も発展を収めた新薬発売として、また、薬剤史上最も急速に売れた薬となりました。ファイザー会社の株価は1日で1株8ドル以外も上昇して、アナリストたちは1998時のバイアグラ利潤空想を4億ドルから6億ドルに変更しました。

 

医師達は最初の1週間だけで4万枚の処方を書き、後、勃起無茶・勃起不全との対抗でペンが相当な器量を発揮したという見えて、2ウィーク視線には1日につき4万枚という処方が給与されました。

 

アトランタの泌尿器サイエンティストは、1ウィーク視線にバイアグラの処方を500枚書いた結果、ペンだこができ、2ウィーク目に入ると、それを処方するためのゴム印が必要だと悟りました。

 

処方を手に入れた父親たちはインターネットで検索して、バイアグラのストックがある最寄りの薬局を探しました。父親たちが血まなこになって受領困難な媚薬を探し回る紛争のなかで、ファイザー会社のセールスの車種に押し入った人物もいたと言います。

 

ちっちゃな青い菱形錠剤は、すぐ父親の最良の援助になりました。また、別の受領アクセスとして、まるで自らホームページにアクセスして、節操のない医師から「ネット」で診察を受けて、処方を書いて味わう手立てもありました。

 

闇取引が瞬く間にひろがり、市販の5ダブルという料金で売られているという話もありました。マスコミの報告の白熱風や、受領に奔走講じる父親たち、そして市場の適合…どれを見ても、男性がペニスの正常な仕様を取り戻そうとする健闘が、余計続いて出向くことが予想されます。

 

バイアグラの通販トップページ